シーバー病いつまでサッカーできないの?

かかと(踵)が痛い踵骨骨端症(シーバー病)の原因

シーバー病で整形に通われていたご家族が、

「2ヶ月~安静にして下さいと言われ

体育も見学しています。

インソールを勧められ

痛みは少しマシになるようですが

それでもなかなか痛みが引かず

整骨院にも何ヵ月も通いましたが

あまり効果がみられず、

大事な試合が控えているので

早く練習に参加したい

他に痛みが無くなる方法はないかと

検索して来ました。」

このようなお話しで来院されることが

よくあります。

本当に心配ですよね。

シーバー病はサッカーをされてる

お子さんが多いですが、

サッカーだけでなく

陸上、ラグビー、テニス、

バレエ、野球などのスポーツでも

来院されます。

病院の指示通りに

保存療法で何ヵ月か安静にし、

痛みが引いたと思い

運動を再開するとまた痛みがでた

痛みが無かった方の足も

痛みがで始めました😢

こういったご相談もよくあります。

シーバー病の症状

10代前後の成長期のお子さんに

多いかかとの痛みです。

お子さんが「かかとが痛い」と訴えるのは

多くはシーバー病

(踵骨骨端症)かもしれません。

シーバー病は女の子も来院されますが、

男の子が特に多いです。

シーバー病(踵骨骨端症)は、

踵(かかと)に痛みや

腫れがでる疾患で

まだ骨が成長期の

お子さんに出やすいです。

10代前後のお子さんは、

踵(かかと)の骨とアキレス腱の

接着部位がまだ成長期の段階ですから

大人よりも弱く、

この部位に大きく負担がかかると

かかとに痛みがでると

言われています。

痛みは、お子さんによって様々で、

日常生活ではあまり痛みを感じない

スポーツ中やスポーツ後に

強い痛みがでる

その後痛みが引くこともあります。

かかとやかかと周辺の腫れや

熱をもっている

普段から痛みが強く感じられ

かかとをつけて歩けない、

松葉杖をつきながら歩かれてたり

インソール、テーピングを

しているお子さんが多く、

かかとが痛いのでつま先で歩いたり

足を引きずりながら歩くお子さんも

少なくありません。

このような辛い状態でも病院では

経過観察しましょうと言われることが

ほとんどだと思います。

また経過観察は子供によって

数か月~数年かかる場合もありますと

説明を受け、大人しく安静にし、

2ヶ月程で回復すれば

まだお子さんの心の負担も

少ないかもしれませんが、

それでもまだ痛みがある場合は

ずっと見学していないといけない

思いきり走れない、ジャンプできない

踏ん張れない、着地が怖い...

何より早く参加したい

いつまで痛いのかなと

不安になるかもしれません。

それを懸念され、少しでも早く

痛みを取りたいと来院されます。

シーバー病を短期間で解消

当院は早期回復を目指し、

早くから練習に参加できるよう

施術を行っています。

身体の重心を後方に変える事で

劇的に症状がなくなります。

やみくもに足をマッサージしても

良くなりません。

上部頚椎の矯正 頭蓋骨調整

このコラボレーションが有効です。

足低筋膜炎 

当院には成人されてる方も

かかとの痛みで来院されますが、

病名は足底筋膜炎と呼ばれ

足底の筋膜が炎症を起こし、

かかとに痛みを感じます。

足底筋膜と踵骨が連結している

部位があるので、

スポーツや歩行、体重増加

長時間の立ち仕事等で踵に

過度な負担がかかり、蓄積し

痛みがでると言われています。

病院によっては、大人の方も

シーバー病と言われて来院される

患者さんもおられました。

足底筋膜炎もインソールや湿布、

注射などで保存療法し、

経過観察が多いかと思います。

たまに坐骨神経からかかとに

痛みがでていると言われた患者さんが

おられますが、

坐骨神経とは、腰痛が主な症状で

臀部(お尻)~つま先にかけて

痛みやしびれが現れる症状です。

こういった腰痛から、

かかとの痛みも感じる方もおられます。

ふくらはぎも硬くなっている場合も

あります。

かかとが痛くなる主な原因

●悪い姿勢

主な原因は悪い姿勢

サッカーなど前屈みの姿勢に

なりやすいスポーツは

いつの間にか姿勢が悪くなり

スポーツ以外の毎日の生活でも

かかとに負担がかかりやすいです。

悪い姿勢は血行障害にも

なりやすいと言われています。

前かがみになると

膝が曲がっていることも多く

腰やかかとに負担がかかりやすいです。

オーバーユースも影響があります。

痛みが長く続くとストレスにもなり、

不安な気持ちや気分の落ち込み等

意識が痛みに集中する思考、行動は

痛みを敏感にすると考えられています。

大人は子供の痛みがどのくらいかわからず

「大丈夫?痛くない?」と

何回も聞いてしまうと

子供は不安になり痛みに

集中してしまう場合もあります。

神経が細かいタイプのお子さんも

痛みに敏感かもしれません。

意識を他に向ける、

楽しい気分や安心感は痛みを

鈍感にしてくれると言われています。

痛みを探さないようにしましょう。

●質の良い睡眠がとれていない

お布団に入れば、直ぐに

寝ているお子さんでも

眠りが浅いと身体の回復、修復が

十分ではないのかもしれません。

痛みを敏感にするかもしれません。

深い睡眠はストレスも軽減してくれます。

お子さんがシーバー病で来院された後、

ご家族の方が来院して下さる事が

よくあるのですが、

痛み無く元気に楽しくスポーツを

されているとお聞きするので

嬉しく思っています。

なぜシーバー病が短期間で回復していくの

まずは根本治療で姿勢を根本から

改善していくので

悪い姿勢に戻りにくい身体に

変化するからです。

その日だけ姿勢を正しくしても

意味がありません。

正しい姿勢がかかとに負担をかけなくなり

痛みが軽減していきます。

炎症が強いお子さんも

最初の数回は施術後のスポーツを

控えて頂くかもしれませんが、

多くは、早期に練習に参加されています。

練習後はアイシングをして下さい。

そしてゆっくりとお風呂に浸かり

血流を良くしましょう。

お風呂から上がれば1時間以内に

お布団に入りましょう。

血液がたっぷりと流れると

疲労物質も排出してくれます。

また良質の睡眠で身体を修復、回復

することによって

疲れにくい身体になるかと思います。

お子さんがシーバー病で

早く練習したい!試合に出たい!

そんな気持ちが強くあるならば

ストレスや不安になるかと思います。

ご家族の方も不安でしたと

よくお聞きします。

しかし、スポーツが好きだから

早く良くなりたいという

前向きな気持ちは大切です。

早めの回復で大好きなスポーツを

楽しめたらいいですね☺

ダメな治療法では何回しても良くなりません。

3回治療して変化がなければ

見切りをつけてください。

大切なお子さんの身体を預けるのに

慎重になられる事を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA