脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア痛みしびれ

脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアと診断され

長年の痛みやしびれで悩んでる方、

病院で手術をすすめられている…けれど

良くなるとは限らない、

また再発する可能性があると言われ

どうしようかと頭を抱えてる方、

自分だけがこんなに辛いのでは…

もう良くなる事はないだろうと

悲観的になる方もおられるかと思います。

けども諦めるのは、まだ早い

椎間板ヘルニアとは臀部(お尻)や腰

太ももや下肢、足の指先などに

痛みやしびれがでたり、

足に力が入りにくくなり

動作が鈍くなったり 

作業で重い物を持ったり

運動で前屈などすると

痛みが強く感じる事があります。

これらは、悪い姿勢やストレス、

血行不良で引き起こされると考えられ、

また、喫煙でも症状が出ると言われています。

椎間板ヘルニアは、腰の負担から

発症されやすいと言われ、

多くは、20代~40代、

そして50代が多いとされていますが、

10代でも椎間板ヘルニアに

悩まされている方もおられます。

坐骨神経痛が出たら

要注意だと言われている方や

重症度が高く、放っておくと

排尿障害や神経麻痺などになり、

更につらい状態になってしまったと

よくお聞きします。

坐骨神経痛は強い痛みとしびれやまひなど

とてもしんどい症状が長期にわたって出現します。

坐骨神経痛という病名はなく、

坐骨神経痛とは臀部から太ももの裏から足先にかけて

感じる強い痛みやしびれなどの症状の総称です。

他にも 歩行障害や筋力低下、冷えや感覚麻痺などの

症状がみられることがあります。

腰部脊柱管狭窄症は

腰痛から始まり、腰痛が長期になると

腰痛の他に下肢のしびれや

坐骨神経痛などの症状が

でることが多く、

間欠性跛行。。

(歩行時に痛みやしびれがでて歩けなくなり、

少し休むとまた歩けるようになる状態)など

歩行障害をきたすようになった症状です。

また長い間立っていると

足の痛みやしびれが出てきます。

先述も少し触れましたが、

原因は姿勢の悪さ、

血行不良からきていることが

少なくありません。

注射でしばらくマシになるけれど

また元に戻ったと感じる、

薬を飲んでも効かない

手術はしたくない、短期間で改善したい 

痛みやしびれのない生活を送りたい、

根本から改善したいと思っている方、

そんな方が当院に来院されています。

当院の施術は姿勢を改善し、

頭がキチンと正しい位置を保ち、

元の悪い姿勢に戻りにくくなる

施術を行っています。

痛みやしびれから解放されたい!

皆さん、そう思っていると思います☺

当院の施術は全く痛みもなく

安全ですので、

小さいお子さまから高齢者まで

施術を受けられています。

いつでもご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA