MENU

急な暑さや寒さなどの気温の変化や湿度、強い日差しなどは自律神経が原因?

2019年6月9日

気圧や急な暑さ、強い日差し急な寒さなど

温度 湿度の変化で 頭痛、体がだるい、

首、肩こりや気分が落ち込むなど

体調不調を感じることはありますか?

雨が降る前などの天気が悪い時や崩れる時、春先や春から夏、夏から秋、秋から冬..と季節が変化する時、急な暑さ高い湿度、反対に急にさむくなると症状が出やすいと言われていて、気圧や湿度、温度の変化が身体の不調に大きく影響すると言われています。雨が降る前に頭痛や肩こり、首が痛い、めまいが起きる、身体が怠い、膝が痛むなどの他にも、気分が落ち込み、鬱の症状、前の痛みがでてくる...と感じる人、身近な人でもそういう症状がでる人がいませんか?

そしてこれは気のせいとも言われていますが、本当に気のせいなのでしょうか?

急に気温が下がると辛いと感じる方も多いのですが、感じない人からすると気のせいだから頑張れとなり、

前述にあるような症状が出ていたとしても理解されず、とてもしんどい思いをされている人もいます。

天候で体調が悪いというのも甘えてると言われてしまいそうで言えない人もいますよね。

けれどこの状態を続けていくと仕事に行けなくなったりする場合もあり、軽視しないで改善していくことが大切なのです。

ここで重要なのは、気圧の変化により脳に充分な血液や酸素 栄養が流れていない事が様々な症状をひき起こすのです。

脳の周りにはたくさんの神経があり、その中の自律神経が血流や酸素栄養不足で崩れてしまいます。

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、本来ならば この2つの神経がバランスよく活動するのですが、

バランスが崩れて 痛みがでたり、だるくなる、めまいがおきるなど、自律神経の不調がでて身体の不調を感じるのです。

日本人の6割が天気の悪い日に体調不調を感じていて、不安や悩みに感じているのです。

自律神経系は体温調節や免疫、血流など生きていく上で大切な機能を調節しています。

気圧の変化の対応も自律神経の調節機能がしてくれています。

自律神経がバランスよく活発に働いていれば、気圧や温度、湿度の変動が激しくても対応してくれるのです。

逆に自律神経のバランスが崩れると 身体や精神に不調を感じ、頭痛や肩こり めまいなど自律神経の不調が表れるのです。

 

気圧や温度、湿度の変化で体調が

悪くなるのは何故?

毎年毎回 季節の変わり目や 雨降り前、急に暑くなったり日差しがキツイ、湿度が高い 逆に急に寒くなるなど気温の変化がある時に

頭痛やめまい肩こり、自律神経の不調にならない様にしていくのに必要な事は、

自律神経系がバランスを崩してなるので反対に自律神経系の乱れをなくし、バランスを整える事が大切です。

血流不足や酸素栄養不足の原因として頚椎の歪みがあります。頭が前に出ていると、首(頚椎)に負担がかかります。

もともと重たい頭が前に出る事によって更に重たくなり、首に負担がでるのです。

(大人の頭の重さは約5~6㎏前後で、綺麗な姿勢で真っ直ぐ立っている場合でもこの重さを頸椎が支えていて、これが前屈みになり例えば60度傾いていれば頸椎には約27㎏の負担がかかっている。)

そしてこの重さを頸椎の周りの筋肉で支え、筋肉が硬くなって、神経が圧迫され血行や酸素栄養の流れが不足します。

また、頸椎に負担をかけ続けると、姿勢も変化していき背中も丸くなり、肩も内巻きになります。

頚椎と骨盤が正しい位置にくれば、症状は改善されるのです。

天気の変化により体調が悪くなる人は血行の流れが悪い傾向にあると言われています。

血流の改善が、気圧や温度、湿度にも負けない身体に変化していくのです。

また、現代社会において、生活習慣や食生活、ストレスによる自律神経系の乱れで影響を受けやすくなっていると言われています。

近年、異常気象が続く中、更に身体を改善していくことが大切です。

自律神経系に影響を与える頸椎 骨盤の歪み、ストレス、生活習慣(腸内環境)からくる血液 酸素 栄養不足を改善する事により、

自律神経がバランスよく活発に働き 気圧や気温 湿度の変動が激しくても対応できるのです。

もともと自律神経は外部からくるストレスがある程度耐えれるようになっていますが、最近の空調完備で暑くても汗をかいたりする環境があまりなく、

さらに夜更かしが続き、昼夜逆転しているなど、生活リズムが乱れていると、自律神経が崩れ、

気圧の変化に対応できなくなるのです。地震や台風にも敏感になる場合が多いです。

 

脳腸相関を意識し、ストレスを増長させず、

自律神経を整える事が気圧や気温 湿度に

対応できる身体になる。

 

 

自律神経が乱れているか少し確認してみましょう。

雨降り前や 急に湿度が高くなったり、冷え込みが厳しくなったりすると頭痛や肩こり 気分が落ち込むなど自分で自覚がある方も、

もしかしたら自分は自律神経が乱れやすい、乱れてると思っている方も下記から当てはまることがあれば、改善していきましょう。

・季節の変わり目に風邪をひいたり体調をくずしやすい ・頭痛持ち・雨降り前体調が悪い・乗り物に酔いやすい・ストレスを感じている・眠りが悪い・食偏食気味・肩こり 首こりや腰痛がある・気分が落ち込みやすい・うつの症状がある など。

このままにしていても改善はしません。頚椎の歪みはソフトな矯正で改善していきます。

しかしこれは正しい矯正でないといけませんし、また直ぐに元に戻るような矯正では意味がありません。

根本治療で正しい位置にもっていき、姿勢を変化することが大切です。そして脳に血液や酸素栄養を送ることが大事です。

また、自分でできる事を意識する事が大切です。まずは生活習慣 食生活から見直していき、ビタミンなど栄養がとれる食事を摂りましょう。

朝に朝食を摂る事は 睡眠時に下がった体温を上げてくれ、自律神経を整えてくれますので、朝は抜かず食べる様心掛けたいですね。

また腸内環境を整える事も大事です。最近では脳と腸がとても大事な関係だと知られてきました

脳腸相関いう言葉をテレビや雑誌などで聞いた事ある方もおられるでしょう。

脳腸相関とは

腸内細菌のバランスが良くなると、身体の健康が維持できる、向上すると認識されてきています。「腸は第二の脳」とも言われ、脳と腸は神経系でつながっています。ここ最近では、腸の腸内細菌が鬱病などにも関係があると言われています。偏った食べ物や防腐剤が多い食事を見直し、バランスの良い栄養がある食事を意識しましょう。現代人は特にミネラルが不足していますので補う事が大事です。またストレスは胃にくると昔からいいますが、ストレスによって腸内細菌のバランスも変化すると言われています。腸内環境が乱れると、それが脳に伝わり、ストレスや不安を更に増長する。また脳がストレスを感じると、それが消化器官に伝わり、胃が痛いなどの症状や下痢または便秘になるなど経験された方もいるでしょう。ストレスを脳が感じ胃にきた時に腸内環境が乱れにくくしている事が悪循環から逃れられるのです。腸内細菌には心や体の健康を保つ物質があり、腸内環境を整えることによって、心身ともに健康を向上し維持しやすくなります。

 

最近はデスクワークやスマホの普及で下を向きがちですが、たまに上を向いてリラックスする時間を作りましょう。湯船にゆっくり浸かる事もストレスにも血行にも良いです。熱すぎないお風呂でリラックス。空調完備で汗をかくこともあまりない場合は 少し散歩をすれば 気分転換にもなりいいですが 熱中症には気をつけて下さい。お風呂あがりも、運動の後も、水分補給が大切です。身体の内から改善し、気圧や気温 湿度に対応できる身体にしていきましょう。

血行不足を改善し、酸素や栄養も十分補う、身体の根本から改善する事が大事なのです。

 

 


アーカイブ

2019

最新記事

ttl-13.png

こちらのホームページをご覧になりご予約いただくと、初診料3,000円が完全無料!ご予約の際に必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

こどもの野球肩・肘でお悩みのお父様とお母様へ 子供の整体と野球肩・肘の治療
赤ちゃんの夜泣きで 悩んでいませんか? 赤ちゃんの夜泣き治療
実績一覧はこちら
ご予約・お問合せはこちら
tel:072-621-7688

営業時間:
9:30〜14:00 / 14:30〜19:30 (平日)
9:30〜14:00 (土曜・日曜・祝日)
定休日 水曜日

アクセス

大阪府茨木市駅前2丁目1-20

詳しい道のりはこちら

電車でのアクセス
JR茨木駅 徒歩3分

車でのアクセス
茨木インターから約10分
JR茨木駅東口よりすぐ
治療院周辺に駐車場多数あり(市営駐車場 他)


© 2019 All rights reserved.