寒暖差疲労で頭痛めまい 肩こり不眠 だるさ

12月も中旬になりました。

朝晩は冷え込み、日中との寒暖差が

大きくなり、疲労が溜まり、

体調不良が出るかもしれません。

寒暖差疲労とは

季節の変わり目から

思い当たる事がないのに

心身の不調が続くようならば

寒暖差によって疲労が溜まって

いるかもしれません。

そのような状態を

寒暖差疲労と言います。

寒暖差によって起こる症状

●肉体的症状

めまい・頭痛・吐き気・肩こり

手足の冷え・顔がほてる・胃腸不調

●精神的症状

不眠・食欲不振・気分が落ち込みやすい

イライラ感・体のだるさ

寒暖差疲労と自律神経の関係

人間の身体には無数の神経があり、

その中に自律神経という機能があります。

自律神経は自分自身の意思とは関係なく

内臓の働きや代謝、体温などを

休むことなく24時間

コントロールしてくれます。

心と体を活発にする交感神経、

心と体を休息する副交感神経の

働きによってうまくバランスを

取りながら働いてくれています。

この自律神経は2種類の神経が

どのように作用するかで

心と体の調子は変化します。

自律神経が乱れると心と体に

様々な症状があらわれやすいです。

体温と自律神経 

体温の維持に自律神経は重要です。

気温が高いと発汗させ、体温を下げる、

気温が低いと毛穴を閉じ体温を上げるなど

体温を保とうとします。

人間は、多少の温度差では

不調はあまり表れませんが、

前日より気温が5度以上違う、

1日の最低気温と最高気温が

7度以上違う日等や

温かい室内から気温の低い室内を

行き来すると人によっては

体に影響が出やすい、

症状が表れやすいと言われています。

寒暖差があり、

自律神経が体温を保とうと

とても活発になり、エネルギーが消費され

人の身体に疲労が溜まりやすくなると

考えられています。

近年は寒暖差が大きくなっている

温暖化が進む中で、

日中と朝晩の気温の差が大きくなった

エアコンなど冷暖房の設備が

発達した事によって、室内、室外の

温度差や環境の違いが

寒暖差疲労を蓄積すると

言われています。

世界保健機関(WHO)でも

室内コントロールの重要性が

認められています。

仕事場や作業場が冷える場合は

上着を重ねる、カーディガン等を羽織る

座っている時はひざ掛けをする、

他にもカイロを貼るなども有効だと

思います。

血流が滞るのを予防し

冷え対策をしましょう。

また、温かい室内で冷たいアイスや

冷たい飲み物を頻繁に摂取したり

摂取した後外に出かけると

自律神経が体温調節しようと

働きますが、全体に温まらないまま

冷えを感じるかもしれません。

また、甘い物をよく食べていると

ビタミンBが不足して

内臓が温まりにくくなります。

内臓が冷える事によって

体調不良になるかもしれませんので

頻繁に摂取するのは控えましょう。

寒暖差は大きくなっていますが

寒暖差疲労になりにくい人、

なりやすい人がいます。

季節の変わり目に体調を崩しやすい人は

寒暖差疲労が溜まりやすいかも

しれません。

姿勢が良くなると代謝アップし血行も良くなります。

長時間のデスクワークやPC作業

かがむ姿勢が多い仕事で

同じ姿勢を続けると、

血行不良になりやすいです。

血行不良は体の冷えに繋がり

疲労物質の停滞をもたらしやすいです。

悪い姿勢は重い頭を支える首や肩、

体の軸の腰にも負担がかかり、

痛みや炎症が起こりやすくなり

体の冷えにも繋がります。

身体全身の冷えはめまいや頭痛、

胃腸不調等も引き起こしやすく

なると考えられています。

悪い姿勢から正しく保てる姿勢に改善

当院ではお子さんから高齢者まで受けれる

ソフトで安全な元に戻りにくい

姿勢矯正を行っています。

正しい姿勢に保ち、本来使われるべき

筋肉を使えるようになる事が

大切だと思います。

筋肉は体の熱を生み出してくれる場所で

筋肉が使われる事が代謝アップに

繋がります。

姿勢が良くなり筋肉も動くと

血行改善にもなり、栄養が身体全身に

行き渡り、体に蓄積された老廃物も

取り除いてくれます。

首からくるめまい、頭痛

首の歪みがあり、首の筋肉の緊張が

めまいを引き起こす事があります。

首の筋肉が緊張することによって

頭痛・肩こり・頭が重い等の

症状が表れる事があります。

ストレス 脳の血流不足からくるめまい、頭痛、不眠

ストレスと自律神経は密接な関係にあり

ストレスや生活習慣などで

自律神経は乱れやすくなり、

睡眠障害や頭痛、肩こり、

体のだるさや疲労感、腰痛など

様々な不調が出やすくなります。

脳血流を良くすることが大切

脳にたっぷりの血流を促し

血液の中にある酸素栄養ホルモンも

十分流れることによって

質の良い睡眠が取れると言われます。

質の良い睡眠は脳疲労を回復してくれる

当院では、刺激が全くなく安全に

頭蓋骨を調整し

自然治癒力を引き起こし

質の高い睡眠の為の

施術を行っています。

質の良い睡眠は、自律神経も整い

頭痛やめまい、肩こり、腰痛等

回復していくと言われています。

寒暖差疲労を溜めない為には

●不規則な生活習慣を改善

〖バランスのとれた食事〗

食事は寒暖差疲労の予防や

負けない身体に体作りをする為に

重要だと言えると思います。

添加物まみれの食べ物は摂取しないように

しましょう。

ジャンクフードやコンビニの弁当

レトルトや冷凍食品は

なるべく控えて下さい。

手作りに敵うものはありません。

簡単なものでも良いですから

気張らずに頑張って作りましょう。

また生姜を使ったお鍋やスープなど

身体の温まる食事や

蓮根、人参、大根、ゴボウ等の根菜に

含まれるビタミン、ミネラル

血液の流れや鉄の吸収を助ける働きが

あるビタミンC.E

カルシウムや亜鉛、マグネシウムは

体を作るホルモンの材料となる

血液が増え全身に十分流れ

体が温まると言われています。

タンパク質は骨や筋肉、

臓器から爪、髪の毛など

あらゆる体作りにかかせない

栄養素で、食事から摂取した

タンパク質を利用して

新しいタンパク質を作りだしますので

タンパク質が不足すると

筋力や身体の低下を引き起こし、

体調を崩しやすくなると

考えられています。

人の血液の質は腸で決まると言われています。

腸内の環境が良い事で

消化吸収も良くなり、

質の良い血液が作られ

内臓や自律神経の働きが

良くなります。

適度な運動

今年の気温は平均位か

高い気温のところもあり、

紅葉などのハイキングやドライブを

楽しまれた方もおられます。

自然の空気の中で、

ウォーキングやサイクリング、

畑仕事やガーデニングなどで

土に触れる事や綺麗なものを見る、

匂いを感じることは気分転換にもなり、

体を軽く動かすだけでも

気分が前向きになる、

ストレス緩和の効果がみられると

言われています。

近年、子供の体力低下、

大人の精神的不調が問題視されています。

これらは、野外活動が減り、

自然に触れる機会があまりないことも

関係があると考えられています。

以前、幼稚園に行かれている方が

幼稚園から、なるべく郊外に出て、

日に当たるよう言われたと

お話しを聞きました。

小さい時に2時間以上、日に当たる事が

大きくなってからの

精神状態が安定するからと

言われたそうです。

はだしで土をつかむのも良いです。

良質の睡眠で脳疲労を解消

質の高い睡眠をとることで

2つの自律神経の1つ

副交感神経はリラックスモードになり

心身の疲れから回復、細胞の修復にも

有効だと言われています。

また寝る前の電子機器は控えましょう。

スマホのたくさんの情報や

ブルーライトは心身の疲労、ストレスに

繋がると言われています。

寝る時は適温に室内も暗くし

リラックスした状態で眠りにつきましょう。

ストレスを緩和

気温の変化は人間の身体には

ストレスになります。

寒暖差が大きい日が続くと

自律神経のバランスが崩れ

寒暖差疲労がたまり

様々な不調になりやすいかも

しれません。

ゆっくりと湯船に浸かり

血行の流れを良くしましょう。

また湯船に浸かる事は

自律神経のバランスを整える、

体にたまった疲労を取り除いてくれる

効果があると言われています。

これから寒さ対策が大事

来週からは日本全体に寒気が

流れ込むと予想されています。

現代人は薄着の傾向があるそうです。

それも冷えに繋がると

言われています。

マフラーを巻いて首を冷やさない

お腹や腰を温める腹巻も

今は薄手のものもあります。

就寝時に足が冷えると感じたら

就寝前に湯たんぽを使うなど

冷えの対策をしましょう。

湯たんぽも近頃は、お湯を沸かして

お湯を入れて使用する従来の

湯たんぽだけでなく、

電子レンジを使って手軽に温まる

湯たんぽもあるようです。

筋肉や内臓を温め温活をしながら

深部体温を上げていきましょう。

血行循環を良くし

自律神経を整えましょう。

人間は睡眠・食事・排便・運動・仕事や勉強など

身体のリズムを作り、

自律神経にも大きな影響があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA