腰痛 眠れないのはストレスや姿勢が原因

日本では国民症とも言われる腰痛。

病気やけがによる自覚症状の調査では男性は1位でした。

(女性は2位が腰痛)

腰痛は若い人から高齢者まで幅広く多くの方が

悩んでいます。

腰痛は体を動かした時だけでなく、

安静にしている時でも痛みを感じる方が多く、

痛みで眠れない人も少なくありません。

また 日常生活にも影響がでて困っている方も多いでしょう。

腰痛は種類があります。

腰痛の原因も1つではありません。

姿勢からくる腰痛

腰は頭や胴体、足の間のある動作の中心です。

PCなどの 長時間のデスクワークや

重い荷物を中腰で持ち上げる、

無理な力を入れ負担をかける、

激しい運動、毎日の長時間の運転など

日常生活の中で、前屈みでの仕事など

腰に圧力がかかりやすい場合にも

腰痛が起こりやすいです。

これらの原因は、腰の筋肉が緊張して 

血行が悪くなり痛みがでやすい

姿勢の悪さが主な原因の1つです。

ぎっくり腰 

重い物を持ち上げたり 体をひねる動作

頭を洗う、顔を洗うなど中腰の姿勢からくる      

急激な痛みで 動けなくなる

脊柱管狭窄症

腰痛よりも下肢にしびれや痛みがきつく         

歩きずらくなったり(間欠跛行)    

下肢に力が入らなくなったりする。   

排尿障害が起こることもある。

椎間板ヘルニア

腰や臀部に痛みがでて 

下肢にしびれや痛みがでて

力が入りにくくなる。

腰に負担をかけると 痛みが増す。         

脊椎分離症 すべり症

体を後ろにそらせた時に 腰 臀部 太ももに

でる腰痛もきついけれど、下肢にしびれを感じる

ストレスからくる腰痛

仕事関係 人間関係などからくるストレスが影響して

激しい腰痛が起こる事も多いです。

自律神経失調症 鬱でも 腰痛が起きやすいです。

これは ストレスが脳機能の不具合を誘引し、

身体に ストレス反応が現れます。

ストレスで、脳に十分な血液、酸素、栄養が

流れていない、また人間には痛みを抑制する

ドーパミンという脳内物質が働きますが、

ストレスを日常的に感じていることで

脳内物質が正常に働かなくなり、

痛みを抑制できなくなり痛みを感じ、

またそれがストレスになるという悪循環になり

慢性腰痛になると考えられています。

これらを改善していくのには

頚椎 骨盤を調整する、そして

姿勢を正しく元に戻りにくい身体にする

脳に不足している血液 酸素 栄養を

十分促す事が大切です。

湿布を貼ったり、薬を飲んでも 注射をしても

痛みがとれない。あちこち整体や病院にいっても

良くならないと言われ、来院される方がほとんどですが、

脳のストレスをとる事 身体の構造の

バランスを整えると、短期間で腰痛は

回復していくのです。

アンケートありがとうございました

20年間の腰痛 知り合いがここで腰痛がなくなったと聞いて

■当院をどのようにお知りになりましたか?

知人の紹介

■他にたくさんの治療院があるにもかかわらず、

当院をお選び頂けたのは何故ですか?

知人がお世話になり、腰痛がなくなった事を聞いて、

試してみようと思った。

■もともとどんな状態で、当院ご利用後はどんな状態に変化しましたか?

20年位腰痛に苦しんでおり、

何をするにもためらいがあったが、

治療回数が進むにつれ腰痛も楽になり

ほとんど気にしなくなった。

S.F様    50代     男性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA