茨木治療センターで不眠を改善された、ある患者様

不眠になられた方が多く来院されています。

何故、不眠になるのか!

殆どが、さストレスが持続的にかかって、ある時から爆発してしまうケースが多いです。

体の仕組みを言えば、脳のむくみです。

脳が浮腫む?

驚かれるのはごもっともです。

僕も初めて聞いた時は、びっくり⁉️しましたから。

しかし、治療をしていると

不思議なことに、頭を触ると大きさが、治療前と治療後で違ってくることがわかって来ました。

治療後に頭の大きさが、症状が改善する毎に小さくなって来るのです。

頭皮も、治療前は固く、治療後は柔らかくなります。

だから、患者さんが良くなりました!

そう、言われたとしても、頭が膨らんでいたら良くはなって居ないなーと判断しています。

体の仕組みは、睡眠の質で良くなって行く

そう言っても過言ではありません。

当院は、睡眠の質を高める治療をしています。

何故なら、睡眠の質が良くならないと、ぶり返して痛みが再発してしまうからです。

人は、寝ている間に体のメンテナンスをしてくれています。

深い眠りにつき、沢山寝返りをうって筋肉をほぐしています。

それも、インナーマッスルをほぐしてくれます。

例えると、子供は寝相が悪いですよね?

あれは、寝返りをうってその日の体の疲労を取る手段をとっているのです。


大人になると、仕事や家庭でのストレスが持続的かかります。

出来る事なら、それを開放してあげれたら良いのですが、そんな事は不可能です。

しかし、少しでも改善する生活習慣はあります。

眠れない日がまだ数日だという方なら、これをしてみてください。

家族で、または友人と愉快に話す。そして、大声で笑う。

適度な運動をする。

お風呂に15分以上、41度くらいの温度で浸かる。

お風呂から上がったら、スマホやテレビを見ない。

お風呂から上がったら、40分から1時間以内に布団に入る。

寝付けなくても、絶対にスマホをいじらない。

何日か、挑戦してみてください。

もしかしたか、良く眠れるようになるかもしれません。

寝つきは、体温が下がり始めた時が一番良くなります。

だから、お風呂から上がったら早く寝た方が良いのです。

眠りが浅い。

寝つきが悪い。

寝ても目が覚めて、そこから朝まで眠れない。

寝ても寝た気がしない。

そんな時は、いつでも相談してください。

当院は、不眠改善に向けて全力で取り組んでいます。

頭蓋骨療法と上部頸椎療法が、今まで沢山の患者さんを救っています。

必ず、よい結果が出せますから!

また、脳の仕組みについて説明していきますからよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA